中沢けい公式サイト 豆畑の友
ホーム フロフィール・著作リスト 中沢への100の質問 中沢コラム「豆の葉」 お問い合わせ
タイトル
   
 

単著

『万事OK』
(新潮社、2002年7月 / ちくま文庫、2008年)

『日本ノ霊異ナ話』
(朝日新聞社、2004年3月 / 朝日文庫、2007年2月)

『ラヴソング』
(筑摩書房、2004年7月)

『おなかほっぺおしりトメ』
(PHP研究所、2004年9月)

『レッツ・すぴーく・English』
(岩波書店、2005年5月)

『ミドリノオバサン』
(筑摩書房、2005年11月)

『河原荒草』
(思潮社、2005年12月)
 第36回高見順賞受賞。

『コヨーテ・ソング』
(スイッチパブリッシング、2007年5月)

『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』
(講談社、2007年6月 / 講談社文庫、2011年5月)
 第15回萩原朔太郎賞受賞。第18回紫式部文学賞受賞

『あのころ、先生がいた。』 (よりみちパン!セ 31)
(理論社、2007年12月)

『女の絶望』
(光文社、2008年9月/光文社文庫、2011年3月)

『読み解き「般若心経」』
(朝日新聞出版、2010年1月 / 朝日文庫、2013年8月)

『良いおっぱい悪いおっぱい 完全版』
(中公文庫、2010年8月)

『続・伊藤比呂美詩集』
(思潮社、2011年8月)

『たどたどしく声に出して読む歎異抄』
(ぷねうま舎、2012年4月)

『比呂美の万事OK』
(西日本新聞社、2012年4月)

『閉経記』
(中央公論新社、2013年1月 / 中公文庫、2017年8月)

『犬心』
(文藝春秋、2013年6月 / 文春文庫、2016年2月)

『父の生きる』
(光文社、2014年1月)

『木霊草霊』
(岩波書店、2014年5月)

『女の一生』
(岩波新書、2014年9月)

『新訳 説教節』
(平凡社、2015年2月)

『日本霊異記/今昔物語/宇治拾遺物語/発心集 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集08) 』伊藤「日本霊異記」収録
(河出書房新社、2015年9月)

『石垣りん詩集』伊藤・編
(岩波文庫、2015年11月)

『能・狂言/説経節/曾根崎心中/女殺油地獄/菅原伝授手習鑑/義経千本桜/仮名手本忠臣蔵 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集10)』伊藤「説経節」収録
(平凡社、2016年10月)

『ウマし』
(中央公論新社、2018年3月)

『たそがれてゆく子さん』
(中央公論新社、2018年8月)

共著

『おめめとじてね』
(福音館書店、2003年1月)
ながさわまさことの共著

『なっちゃんの なつ』
(福音館書店、2003年9月)
片山健との共著

『死を想う われらも終には仏なり』
(平凡社、2007年5月)
石牟礼道子との共著

『漫画がはじまる』
(スイッチパブリッシング、2008年5月)
井上雄彦との共著

『なにたべた?―伊藤比呂美+枝元なほみ往復書簡』
(中公文庫、2011年1月)
枝元なほみとの共著

『あかるく拒食ゲンキに過食リターンズ』
(平凡社、2011年10月)
 斎藤学との共著

『たぬき』
(福音館書店、2012年9月)
片山健との共著

『今日』
(福音館書店、2013年2月)
下田昌克との共著

『先生! どうやって死んだらいいですか?』
(文芸春秋、2014年2月)
山折哲雄との共著

『禅の教室』
(中央公論新社、2016年3月)
藤田一照との共著

『作家と楽しむ古典 古事記 日本霊異記・発心集 竹取物語 宇治拾遺物語 百人一首』
(河出書房新社、2017年1月)
池澤夏樹・森見登美彦・町田康・小池昌代との共著

『新板 死を想う われらも終には仏なり』
(平凡社、2018年7月)
石牟礼道子との共著

訳著

『キャット イン ザ ハット』 ドクター・スース著
(河出書房新社、2001年1月)

『ビリー・ジョーの大地』 カレン・ヘス著
(理論社、2001年3月)

『11の声』 カレン・ヘス著
(理論社、2003年8月)

『ふしぎのたね』 ケビン・ヘンクス著
(福音館書店、2007年5月)

君の行く道』 ドクター・スース著
(河出書房新社、2008年3月)

リフカの旅』 カレン・ヘス著、西更との共訳
(理論社、2015年2月)

   
スタッフルーム リンク集「豆の茎」 メルマガ「豆蔵通信」 サイトマップ