中沢けい公式サイト 豆畑の友
ホーム プロフィール・著作リスト 中沢けいへの100の質問 中沢けいコラム・豆の葉 お問い合わせ
プロフィール
   
 
中沢けい
1959年生横浜市生まれ。千葉県立安房高等学校卒業。
明治大学政治経済学部卒。
1978年小説「海を感じる時」で第21回群像新人賞受賞。
1985年小説「水平線上にて」で第7回野間文芸新人賞を受賞。

 
  著作リスト
   
 
2017.06 ベスト・エッセイ2017 <「女流から女性へ」収録・光村図書出版>
2016.10 動物園の王子 <新潮社、kindle版>
2015.09 アンチヘイト・ダイアローグ <人文書院>
(中島京子、平野啓一郎、星野智幸、中野晃一、明戸隆浩、向山英彦、上瀧浩子、泥憲和との対談集)
2015.03 グリムの森へ <小学館文庫>
(高村薫、松本侑子、阿川佐和子、大庭みな子、津島佑子、木崎さと子、皆川博子との共著)
2014.10 麹町二婆二娘孫一人 <新潮社>
2014.04 ヘイトスピーチってなに? レイシズムってどんなこと? <七つ森書館>
(のりこえネット・共同代表としての執筆)
2013.12 アジア映画で〈世界〉を見る――越境する映画、グローバルな文化 <作品社>
(四方田犬彦、福間健二他との共著)
2013.11 コレクション私小説の冒険 第二巻 虚実の戯れ <「さくらささくれ」収録・勉誠出版>
2013.11 動物園の王子 <新潮社>
2011.03 書評 時評 本の話―1978-2008 <河出書房新社>
2010.11 女ともだち(解説・角田光代) <講談社文芸文庫>
2008.11 うさぎ狩り(訳・金承福) <韓国・江出版>
2008.10 大人になるヒント <メディアパル>
2007.06 うさぎとトランペット <新潮文庫>
2006.03 豊海と育海の物語 <集英社文庫>
2005.03 海を感じる時 <新風社文庫>
2004.04 うさぎとトランペット <新潮社>
2003.10 おいらはトムベエ <福音館書店>
2002.12 楽隊のうさぎ <新潮文庫・2013年映画化/第24回日本管打・吹奏楽アカデミー賞「制作部門」受賞
2001.11 月の桂 <集英社>
2000.12 人生の細部 <青土社>
2000.08 街物語 <朝日新聞社>
(ねじめ正一、三木卓、今江祥智、阿刀田高との共著)
2000.06 楽隊のうさぎ <新潮社>
1999.12 時の装飾法 <青土社>
1999.11 さくらささくれ <講談社>
1999.05 七つの音―有元利夫の世界を奏でる(有元利夫・画)<講談社>
1999.04 豆畑の昼<講談社>
1998.03 楽譜帳―女ともだちそれから <集英社文庫>
1998.02 中沢けい/多和田葉子/荻野アンナ/小川洋子 <角川書店>
1997.04 お金があれば幸せか? 10代の哲学-8<ポプラ社>
(小中 陽太郎、蓬莱泰三との共著)
1996.08 占術家入門報告<朝日新聞社>
1995.06 豆畑の夜 <講談社>
1995.06 首都圏 <集英社文庫>
1995.03 夜程 <日本文芸社>
1995.03 海を感じる時・水平線上にて<講談社文芸文庫>
1994.08 楽譜帳―女ともだちそれから <集英社>
1994.08 女ともだち<河出文庫 BUNGEI Collection>
1994.01  親、まあ<河出書房新社>
1993.10 男の背中<日本文芸社>
1993.06  仮寝<講談社>
1991.09 首都圏<集英社>
1991.07 喫水<集英社文庫>
1989.05 遊覧街道<リクルート出版>
1988.12 曇り日を<福武書店>
1988.04 喫水<集英社>
1987.12 風の言葉海の記憶<中公文庫>
1986.10 ひとりでいるよ一羽の鳥が<講談社文庫>
1986.09 静謐の日<福武書店>
1986.02 往きがけの空<河出書房新社>
1985.10 中沢けい・田中りえの部屋<旺文社>
1985.04 水平線上にて<講談社・野間文芸新人賞受賞
1984.10 野ぶどうを摘む<講談社文庫>
1984.09 女ともだち<河出文庫>
1984.01 海を感じる時<講談社文庫>
1983.12 風の言葉海の記憶<冬樹社>
1983.01 ひとりでいるよ一羽の鳥が<講談社>
1981.11 女ともだち<河出書房新社>
1981.06 野ぶどうを摘む<講談社>
1978.06 海を感じる時<講談社 ・ 群像新人賞受賞・2014年映画化
   
  GO PAGETOP
   
   
談話室 リンク集「豆の茎」 メルマガ「豆蔵通信」 サイトマップ