中沢けい公式サイト 豆畑の友
ホーム プロフィール・著作リスト 中沢けいへの100の質問 中沢けいコラム「豆の葉」 お問い合わせ
中沢けいコラム「豆の葉」
   
 

関内で映画「ひろしま」を見る 2

2019年08月16日(金)

関内で見た映画「ひろしま」は「日本教職員組合」のクレジットが登場する。主演者の冒頭は「広島市民」「児童・生徒」など通常の映画ならエキストラとして出演者の最後にならぶ群像の人々の名(個人名ではない)が連ねられる。俳優の名前が出るのはそのあとだ。
 冒頭、広島へ原爆を投下するために米軍基地を飛び立った戦闘機の搭乗員の手記を朗読するラジオ放送が高校の教室に流れる。ここで「原爆に甘えるなと言われるけど」という生徒のセリフが出てくる。原爆投下から7年目の劇映画の映像だ。教室で鼻血を流す女生徒が医務室へ運びこまれる。
 映画はやがて原爆投下当日の群像劇となる。原爆投下当日の群像劇の中に登場する全身やけどをおいながら全裸で「寒いよ、寒いよ」と叫び続ける男の子がいる。おそらく、当事者の証言から作られた場面なのだろう。韓国の戦争博物館で見た映像を思い出した。朝鮮戦争で母親と女の子の遺骸のかたわらで、地団駄を踏みながら泣き叫ぶ全裸の男の子。韓国の戦争博物館で見た男の子の映像は、映画ではなく朝鮮戦争当時撮影されたドキュメントだった。
 映画「ひろしま」が制作された当時、朝鮮半島では朝鮮戦争が勃発していた。私が子どもの頃、大人は「朝鮮戦争」と呼ぶこともあったが「朝鮮動乱」とも呼んでいた。朝鮮戦争は映画「ひろしま」の隠された主題だ。復興が進む広島の町には「警察予備隊募集」の広告が張り出されている。
 被爆の群像劇から劇映画の登場人物として浮き上がってくる遠藤君という少年がいる。彼は8月6日に妹と自宅を離れていたために被爆を免れる。自宅は「遠藤」の表札がある門柱を残して全壊。母親は自宅の下敷きになって死亡。妻を助けることができなかった父親はまず中学生の長男を探し回る。長男の死にめにあうことはできなかったが、なんとか遺体に対面することはできた。その父親も全身にやけどを負って病院に横たわっている。通りがかりの女性に教えられ病院へ来た遠藤君と妹。妹は父親の無残な姿を受け入れられず病院を飛び出してしまう。以後、妹は行方がしれない。父親も亡くなり遠藤君は孤児となる。
 浮浪児の一団に加わった彼は幼い子に「パパ、ママ、ピカドン。ハングリー」と片言の英語を教える。「ハングリー」が言えずに「アングリー(怒ってるかな?」と発音する幼い浮浪児。劇映画の細部に微妙な批評がさしはさまれている。
 施設に収容された遠藤君が中学校を卒業する頃、親戚に引き取られる。働くことができる年齢になると引き取りての親せきが現れるという話は、昔はよく聞いた話だ。
 映画「ひろしま」の隠された主題が朝鮮戦争だというのは、親戚に引き取られたあとの遠藤君の有為転変がそれを示している。
 米軍相手のキャバレーでボーイをしていた遠藤君は町工場に仕事を変える。彼はその工場をすぐに辞めてしまう。広島の平和記念公園に観光客に瓦礫を売りつける少年たちがいる。観光客に瓦礫を記念品として売りつける少年たちがいたというのも、たぶん、実際にあったことなのだろう。町工場を辞めた遠藤君はこの少年たちに被爆者の髑髏を掘り出して土産物として売りつける手引きをする。防空壕に放り込まれている無数の遺体が残っていたのだ。
 この商売はすぐに警察に摘発されるのだが、髑髏の額には流麗な筆記体の英文のラベルが貼られていた。映画の中では遠藤君がラベルの英文を読み、警句めいたその文言を日本で話すシーンがある。映画「ひろしま」にはパンフレットがないので、ここまでは映画を見た記憶で書いた。で、肝心の髑髏のラベルの英文は警句めいたという印象だけで、文言は思い出せない。ごめんなさい。17日はNHKの衛星放送でこの映画が放送されるそうですから、気になる人は見てください。
 映画には広島で被爆した朝鮮人徴用工は登場しない。あれだけの群像だからあの映画の中には朝鮮人徴用工もいたはずだという推論は知識があれば成り立つが、たぶん、多くの日本人観客は朝鮮人徴用工の被爆者のことは想像しないだろう。
 しかし劇映画と同時進行で進んでいた朝鮮戦争のことはイヤでも意識されるはずだ。遠藤君が町工場を辞めて髑髏を観光土産として売りさばく気になったのは、町工場が砲弾の制作を始めたからだと告白する。「反米映画」として上映が忌避された理由もそのあたりにありそうだ。この映画が戦後の日本の出発を描いていることはあまり話題になりそうもないので、ネタバレ承知で書いてみました。ネタバレでつまらなくなら軟弱な映画ではないから許してください。

↓前の日記 / 次の日記↑

   
談話室 リンク集「豆の茎」 メルマガ「豆蔵通信」 サイトマップ