中沢けい公式サイト 豆畑の友
ホーム プロフィール・著作リスト 中沢けいへの100の質問 中沢けいコラム「豆の葉」 お問い合わせ
中沢けいコラム「豆の葉」
   
 

広島の平和記念公園

2018年08月25日(土)

30,728 byte

 アダムさんと尾道から広島へ。林芙美子が門司で生まれた1903年(明治36年)の前年1902年には北九州に八幡製作所ができている。明治政府のスローガンと言えば富国強兵が有名だが、「富国」を作ったのが明治政府のもうひとつのスローガン「殖産興業」。官営八幡製鉄の始業は「殖産興業」政策の達成のひとつ。中国のアヘン戦争に危機感を持った江戸幕府が伊豆の韮山に鉄砲制作のために製鉄の目的で韮山反射炉を作ったのが1857年(安政4年)。八幡製鉄所創業はそれから数えて45年目の創業だった。門司に生まれ、尾道で女学校を卒業した芙美子の歩いた道は明治政府の殖産興業の道でもあった。やがて殖産興業は軍艦造船へとつながる。
 一般的には第一次世界大戦で自動玉送りの銃や戦車の登場、それから飛行船による空襲などで戦争の様相が変わったと言われるが、日本が実際に近代的戦争を体験したのは1937年(昭和12年)に始まる日中戦争から太平洋戦争だった。1,937年から太平洋戦争終結の1945年までの8年間に戦争に使われる武器は第一次世界大戦とは比べものにならないくらいに多種多様なものが研究された。毒ガス、生物兵器の研究。瀬戸内海の大久野島では毒ガス研究と製造がおこなわれている。兵器研究の結果が原子爆弾を生み出す。
 アダムさんは林芙美子の従軍紀を博士論文のテーマにしているので、1937年から1945年の間に戦争に使われて兵器が格段に変化した(進歩と言いたいところだけど、なんか進歩と言いたくない)ことを意識してもらいたかったので、長崎、広島に案内したかった。春に北九州に出かけた時は、なんと私が羽田で共同運航便の搭乗ゲートを間違え、飛行機に乗り遅れたおかげで、長崎はカットした。ご、ご、ご、ごめんなさい。これ広島も行きそびれちゃたいへんと新尾道から広島へ新幹線で移動。山陽本線は7月の西日本豪雨のために広島県内と山口県内であちこちが寸断している。東広島から広島へは山陽本線寸断のため新幹線を使う人も多かった。新幹線の窓から西日本豪雨の爪跡が見えた。
 広島駅で地図をもらうために旅行案内書へ。外国語の案内地図もそろっている広島駅の案内書だった。簡体字の中国版、繁体字の中国版、ハングルの案内地図、と並んだ多言語の案内地図を見ていいたら、英語、フランス語に並んでドイツ語があった。「イタリア語はないなあ」とちょっと笑った。
 路面電車で原爆ドーム前へ。原爆ドームを半周してから平和記念公園へ。原爆の子の像からとことこと歩いて慰霊碑へ。外国人観光客の姿も多い。慰霊碑の前にいた人たちの話している言葉に耳を傾けたが、ちょっと何語か分からないなと首を傾げたらアダムさんが「イタリア語ですね」と教えてくれた。
 資料館は耐震工事のため閉鎖中。資料館わきの建物におもな展示物が展示されていた。ここにはちゃんとイタリア語のパンフレットも備え付けられていた。

↓前の日記 / 次の日記↑

   
談話室 リンク集「豆の茎」 メルマガ「豆蔵通信」 サイトマップ