中沢けい公式サイト 豆畑の友
ホーム プロフィール・著作リスト 中沢けいへの100の質問 中沢けいコラム「豆の葉」 お問い合わせ
中沢けいコラム「豆の葉」
   
 

二宮金次郎少年の運命

2018年06月19日(火)

 ショック。二宮金次郎が道徳の教科書に復活しているのですって。。私が通った館山私市立船形小学校には薪を背負って本を読む二宮金次郎の象があった。で、小学校へ入学して2日目にその二宮金次郎の前で「道を歩きながら本を読んではいけません。車にひかれます」って教わったの。交通戦争と言われた1966年の春。昔、勤勉の手本、今交通安全の反面教師の話はしばらく我が家の笑い話になってました。今、住んでいる家の近くの高台の畑の中にも少年二宮金次郎さんの象がたっていた。もとは小学校があった土地で、小学校が移転する時、二宮金次郎象だけ置いてけぼりになったみたい。赤い夕陽に照らされる畑の中の二宮金次郎少年の象は好きでした。過ぎ去った時代の夢の名残だから。で、畑はマンションになって、マンションが建設される時に二宮金次郎さんも処分されたようで。それが今頃になって驚くべき時代錯誤の復古主義の道徳の教科書に載るなんて(驚嘆)
 小学校4年生で終戦を迎えた私の母は教科書に墨を塗って使った世代。日本中の小学生が教科書に墨を塗って使っていたんだ。教育勅語を復活させようとしたり、二宮金次郎を道徳の教科書に載せるなんて、教科書に墨を塗った小学生たちの人生が否定された感じがする。

↓前の日記 / 次の日記↑

   
談話室 リンク集「豆の茎」 メルマガ「豆蔵通信」 サイトマップ