中沢けい公式サイト 豆畑の友
ホーム プロフィール・著作リスト 中沢けいへの100の質問 中沢けいコラム「豆の葉」 お問い合わせ
中沢けいコラム「豆の葉」
   
 

台風一過

2019年10月13日(日)

 台風19号が甚大な被害をもたらした翌日に考えたことです。

「文学は役にたつか?」という質問に「役にたたないから文学なんだ」と答えるのが、40年前の定番。
 で、最近は「文学は役にたつことを立証したい」という人が現れる。役にたつ時もあれば役にたたない時もあって、どっちでもいいんですけど。時々「役にたつ」という発想そのものが陰気な感じがするなあと嘆息。
 まあ、音楽は役に立つかとか美術は役にたつかとか数学は役に立つかとか哲学は役に立つかとか、いろいろ。経済学は役に立つかなんてのまである。結局、なにかそれをすると都合のいいことがあるの?って聞かれているに過ぎないのでしょう。  
 「迷惑をかけるな」というのも、やっぱり陰気な感じがする。「やくに立つか」「迷惑をかけるな」の二つだけが行動や判断の指針になっている社会っていやだなあ。
 ツイッターを始めた年、鎌倉の八幡様の大銀杏が倒れた。あの実朝暗殺の公暁が隠れていたって大樹。そんなことを知っていた役にたつかと言われてもねえ……。台風一過の青空のしたでぶつぶつ考えていたら、耳の後ろに実朝がやってきて「箱根路をわが越えくれば伊豆の海や沖の小島に波の寄るみゆ」と呟くから、今日になってそんなことを呟くなら昨日のうちに「時により過ぐれば民の嘆きなり八大竜王雨やめたまへ」と唱えてよって言ってやりました。実朝君はうふふと笑うばかり。お天気が良くなったので許してやることにしました。

館山に行ってきました。1

2019年10月01日(火)

59,173 byte

新宿バスタから高速バスで館山に行ってきました。房総は彼岸花の季節。お彼岸過ぎに咲き誇っているのは、例年よりすこし遅い気もします。稲刈りもすっかり済んでいました。まだ停電している場所もありますが、1週間ほど続いた停電が復帰し、駐車場付きの商店は買い物のお客さんでに賑わっていました。屋根や側面をブールシートで覆った家屋がいたるところにあり、納屋や作業場は後回しで損壊したままのおうちもけっこうありました。
 川名岡の長勝寺へ行くタクシーの運転手さんの話では6時間ほど強風のために家が揺れ続けたと。地震みたいだったと言っていました。台風は9日0時頃から強風が吹き始め1時過ぎには停電。強風は2時頃をピークとして明け方まで荒れ続けたとのことでした。
 長勝寺でも墓地の入口にあった大きな木が倒れていました。うちのお墓の前の栴檀の木も倒れていました。倒木は片づけられていましたが、墓石にあおい栴檀の実がたくさんついていました。うちのお墓は無事でしたが、石の御塔婆縦が真っ二つに割れているお墓もありました。それでもお彼岸にはちゃんとお参りをした様子のおうちもけっこう見られました。御住職と少しお話。8日夜は京都出張で、お酒をお召しになって良い気分で寝ていたんですって。朝、目を覚ましておおいに驚いたと。「台風で亡くなった人がいないのは幸いでしたけど」と御住職。船形のお地蔵様の大木が倒れたこと、那古の観音様では、山の頂上へ登る道が、倒木のために埋まってしまい復旧は不可能な状況だと聞きました。
 川名岡から長勝寺の「お堂」(たぶんここはもとは村の共同墓地だったのでしょうけど、今は長勝寺が管理している墓地になってます)の前を通り、川名海岸へ。消防団の人たちが瓦礫を運び出し軽トラックに積んでいました。
 電話をくださった庄司さんのおうちに顏を出すと、83歳になったのとおしゃる庄司さんがお庭の水道を使っているところでした。おうちの2階の戸袋を吹き飛ばされ、古い家と建て増しした家の間を繋いでいた廊下の壁が崩れ、縁先から張り出していた屋根が壊れていました。損壊箇所はブルーシートで覆われています。
「今日はね、海岸に運び出したゴミの分別をしたの」
分別して置き場所を決めたゴミ置き場ですが、まだまだゴミは出てきそうでした。まだ台風のあとかたづけだけで手いっぱいの様子。本格的な修理ができるまでには1年以上待たなければならないと。10月、11月は比較的穏やかな陽気が続きますが、12月に入ると猛烈な風が海から吹き上げてくる房州です。バル―シートを張る応急処置だけでは心細いものがあります。「でもブルーシートも張れないおうちもあるんですよ」と館山駅へ戻るタクシーの運転手さんが教えてくれた海岸沿いのおうちは屋根がまるごと吹き飛ばれていました。
 帰りは館山から新宿バスタへ高速バスで。バスを待っていたら西崎方面への路線バスがきました。「戸伊漁港から先は災害のため通行止めなので、戸伊漁港から折り返し運転をしています」のアナウンスがありました。平砂浦より先の布良や相浜はもっとひどい被害が出ているとのことです。

   
談話室 リンク集「豆の茎」 メルマガ「豆蔵通信」 サイトマップ