中沢けい公式サイト 豆畑の友
ホーム プロフィール・著作リスト 中沢けいへの100の質問 中沢けいコラム「豆の葉」 お問い合わせ
中沢けいコラム「豆の葉」
   
 

新宮 速玉神社 椥の木(御神木)

2013年08月19日(月)

123,508 byte

新宮の速玉神社の御神木の椥の木です。

以下 ウィキペディアの記述から

梛の大樹 - 国指定名は「熊野速玉神社のナギ」(1940年〈昭和15年〉2月10日指定)[12]。高さ20m(17.6m[13])、幹周り6m(5m[13])、推定樹齢1,000年、ナギとしては国内最大であるとされる[13]。ナギはマキ科の常緑高木であり、よく神木として植樹された[13]。本樹は雄株であるが、幹に分岐が見られることからもとは数株であったともされ、平治元年(1159年)社殿の落成において熊野三山造営奉行であった平重盛の手植と伝えられる[13]。ナギは凪に通じることから[13]、ナギの実を束ねたものやナギの枝を護符にする。ナギの木は、熊野杉や天台烏薬とともに新宮市の「市の木」に指定されている

排外主義デモ・カウンターノート2

2013年08月19日(月)

工事中

   
談話室 リンク集「豆の茎」 メルマガ「豆蔵通信」 サイトマップ