中沢けい公式サイト 豆畑の友
ホーム プロフィール・著作リスト 中沢けいへの100の質問 中沢けいコラム「豆の葉」 お問い合わせ
中沢けいコラム「豆の葉」
   
 

築地場外を歩いた

2019年05月19日(日)

49,350 byte

 13日(月)18日(土)と築地場外を歩いた。
 築地市場の建物がかなり撤去されたので、場外も空間的にガランとした感じ。なんだか寂しいような貧弱になったような。外国人観光客の姿は多い。干物屋さんにいたロシア人のおじさん二人組。ロシア語で何か尋ねているけど、干物屋さんは知らんぷり。すると大柄なおじさんはめざしの串をつまんで匂いを嗅ぎ始めた。あららと見ていると二人組は大きなため息をつき、どこかにいっちゃった。で、その外人さんが匂いを嗅いでいためざしをちょうだいと干物屋のおじさんに注文。ロシア人さんは「焼いてある?」って聞いていたみたいと言うと「分かんないからほっとくの」とおじさん。「匂い嗅いでたやつでいいの?じゃ、500円にしてあげるよ」とおまけしてくれました。これがねえ、すばらしくすてきな鰯でした。
これが火曜日の話。この日は豊洲から仕入れてきたばかりというホワイトアスパラも買った。
 土曜日は築地市場の営業権を主張する「築地お買い物ツァー」の日。築地市場正門前にお店を張っている仲卸さんのところへ。海苔の佃煮の瓶詰が欲しかったから、大急ぎで行ったのだけど、もうお店を閉めるところだった。海苔の佃煮はないかしら?と聞くと箱の中からさがしてくれた。1瓶200円。1瓶買おうとしたら「あら、1瓶でいいの」とおねえさん。「じゃ2瓶下さい」と2瓶買いました。

↓前の日記 / 次の日記↑

   
談話室 リンク集「豆の茎」 メルマガ「豆蔵通信」 サイトマップ