中沢けい公式サイト 豆畑の友
ホーム プロフィール・著作リスト 中沢けいへの100の質問 中沢けいコラム「豆の葉」 お問い合わせ
中沢けいコラム「豆の葉」
   
 

「ソウル1964冬」の作者 金承トさん

2019年03月31日(日)

 神田のチェッコリで金承トさんのお話を聞く。御病気をなさって、今は筆談でお話をしている。お土産にコーヒーをいただいた。金承トさんからいただいたドリップコーヒーは、1杯づつ、お湯を注ぐタイプ。
 以前のソウルではハワイアン・コナなどのフレーバーコーヒーが多く、フレーバーのないコーヒーを出してくれる喫茶店を探し回ったのを微笑とともに思い出した。10年くらい前かな。
 1983年に中上健次がソウルを訪れた時の写真も見せていただいた。その後、金承トさんは東京を中上健次に案内してもらったと。韓国は全斗煥大統領の軍事政権下、日本はまだ昭和で、中曽根康弘首相が韓国を訪問し、全斗煥大統領と会見したのは1983年1月のこと。中川一郎氏が自殺したのは1月9日。
 「ソウル1964冬」(日本語の翻訳は三一書房刊)の作者、金承トさんは若い作家に何か言いたいことはあるかという質問に「明るい作品を書いてもらいたい」と答えた。自分たちの時代には書けなかった明るく豊かな作品を書いて欲しいと。韓国の年配の作家は同じ趣旨の発言をよくする。80年代初頭、中上健次がソウルを訪れた頃の日本では「冷めた雑炊が喰えるか」の開高健の発言に代表されるような高度成長後の繁栄を否定し、繁栄から「文学は生まれない」式の発言があっちこっちから出ていたのを思い出す。どうして、そんなに戦後社会が繁栄の時代を迎えたことを否定的にとらえなければならないのか不可解なくらいだった。

卒業式

2019年03月25日(月)

桜が三部咲き。昨日は卒業式でした。御卒業の皆さまの人生が豊かなものになりますように祈念いたします。御卒業おめでとうございます。

豊洲へ行く

2019年03月24日(日)

昨日は豊洲へ。築地おかみさん会が主催した集会に。成増から地下鉄有楽町線で「豊洲」まで。「豊洲」からゆりかもめに乗り換え「市場前」へ。
 「豊洲」で降りて、湾岸地域の変貌ぶりに目を見張る。高層住宅が林立。建築物の色彩と花曇りの空の色が競い合う光景。豊洲一帯はオリンピックの選手村も含め、まだまだ建築工事が進んでいる。高校の頃からの知人が豊洲に住んでいて、「僕、豊洲が好きなんだ」と言っていたのを思い出す。新開発のすっきりした街だから、その魅力を感じている人も多いだろう。
 豊洲市場の飲食店街は大行列。お掃除担当のおばちゃんと立ち話をした。「土日は混んでますよ。平日はすいているから平日に来たらいいのに」と。実は集会がある管理棟の3階から1階に降りる手段が分からなくって、掃除の人に聞いたの。
 築地おかみさん会主催の集会は大勢の人が集まって、席が足りなくなるくらい。市場法改正のお話や近代建築としての築地市場建築の価値についてのお話。「豊洲をどうする。築地はどうなる」と。共産党の都議さんがスピーチの中で「市場会計の付け替え(市場の土地を東京都に売り、一般家計に繰り込む)では共産党と自民党が反対しました」と報告した場面では会場からくすくすと笑いがもれた。今年度いっぱいで都庁を辞めるという知人は「もうめちゃくちゃなの」ってボヤいていたのを思い出す。
 集会終了後、中澤誠さんと宇都宮健児さんにちょっとご挨拶。豊洲に移った銀鱗文庫にも行きたいし、豊洲市場の様子も見たいし、茂助だんごも欲しいから、また来ようと、千客万来施設建設予定地を横切る。伊勢神宮にあるような、江戸時代風の観光施設ができるという絵看板が掲示してあった。豊洲から四谷のしんみち通りへ。しんみち通りの秋田料理のお店で知人と待ち合わせ。未来都市から過去の街にワープ(うちの子どもたちがこの言葉が好きだったのを思い出す)した感じ。

   
談話室 リンク集「豆の茎」 メルマガ「豆蔵通信」 サイトマップ