中沢けい公式サイト 豆畑の友
ホーム プロフィール・著作リスト 中沢けいへの100の質問 中沢けいコラム「豆の葉」 お問い合わせ
中沢けいコラム「豆の葉」
   
 

板門店の南北首脳会談 10年の歳月

2018年04月29日(日)

 4月27日に板門店で行われた南北首脳会談は廬武鉉政権時代から10年ほどの時間を繋ぐものだった。
  板門店の南北首脳会談は、金大中、廬武鉉と続いてきた「太陽政策」まで10年ぶりに文在寅が引き戻したという内容。そこに10年の歳月がある。金正日時代に作れない絵を作り出したことは大きい。
 夫人を伴った金正恩が世界のプレスの前に姿を現し肉声を聞かせた意味は大きい。それが10年の歳月。
 金日成は晩年、日本との国交回復を急いでいた。金正日は韓国との関係改善に努力していた。が、いずれも、秘密主義的で、その姿勢が報道されることは極めて少なかった。
 板門店での首相会談は、北朝鮮の変化を各国のプレスに感じさせるには充分なものだ。世界の目を板門店に集める。文在寅は金大中にも廬武鉉にもできなかったことに成功した。
 朝鮮半島非核化プロセスはこれからも多くのジャーナリストの目を集めて行くことだろう。世論が形成される中で非核化プロセスを進めて行くという構造の設計をした。それが今回の南北首脳会談の意味だ。
 金正恩にとってもっとも難しいのは国内政策。「資本主義的退廃」を排除しようとすれば「革命無罪・造反有利」の異議申し立てが待っている。「資本主義的退廃」を受け入れれば「民主化要求」の波が押し寄せる。右へ進んでも左へ進んでも今のままではいられない。

後楽園の藤棚

2018年04月22日(日)

133,872 byte

 小石川の後楽園で藤の花を見てきました。土曜日なので大勢の人がいました。今年はもう藤の花も終わりに差し掛かっています。ベンチで座っていたら、ふあっと藤の香りがしました。藤は妖艶な香りがします。時々、後楽園遊園地のジェットコースターに乗っている人の悲鳴が聞こえてくるのは、とっても不思議な感じ。

 北朝鮮は27日に板門店で予定されている文在寅・金正恩会談に先立ち「核実験、弾道ミサイル実験の放棄」を表明。まだ核兵器の放棄を表明したわけではありませんが、朝鮮戦争が正式に終了する可能性が出てきました。朝鮮半島から中国大陸そしてシベリアの政治情勢が大きく変わろうとしています。

 小石川の後楽園では東京ドームが植え込みの向こうに見えます。藤棚の下の水田では田植えの準備が進んでいました。

 小石川の後楽園は『(水戸光圀が)明の儒学者である朱舜水の意見をとり入れ、中国の教え『(士はまさに)天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後 れて楽しむ』から「後楽園」と名づけられました。」(後楽園公園のHPから)だそうです。で朱舜水は国姓爺と明の再興を図ったものの明は滅亡。中国大陸では明に変わって清が成立。朱舜水は日本へ亡命。明の滅亡の時、日本へ亡命した中国人の儒家、僧侶はかなりいたようで、隠元豆を日本へ伝えた隠元さんも明からの亡命者だったそうです。近松門左衛門の「国姓爺合戦」が大珍しかったというだけの理由ではなさそうです。中国大陸、朝鮮半島の歴史が動く時、日本の歴史も動くのでしょう。阪で大当たりをとったのも、鎖国の時代に外国を描いた芝居が珍しかったというだけの理由ではなさそうです。中国大陸、朝鮮半島の歴史が動く時、日本の歴史も動くのでしょう。

   
談話室 リンク集「豆の茎」 メルマガ「豆蔵通信」 サイトマップ